男塾 英語合宿! 実施しました。

30時間の予定が、33時間になりました・・・・ まさに男塾 英語合宿でした。 写真:オリジナル教材を使い、仕組みを確認しながらのレクチャー 皆前向きに取り組み、顔も凛々しかったです。 数学は、「分かっている」、「わかっていない」がはっきりしている。 まさに理解度0から100、及びその間。 国語は日本語はある程度分かっているはずなんだけども、人によって差が出る 上の例に倣えば、大多数は中学生なら理解度30から70の間を細分化した感じ。 英語は・・・? ネイティブと比べれば、できる子でも20くらいでしょうね。 ただ、その一方で、0~3の間を抜け出せない子が一定数いる。 中3で ●アルファベットがきちんと書けない子がいる ●フォニクスなんて全く無視して丸暗記しているからものすごく効率悪い ●そもそも国語(日本語)の文法が分かってないから、英語の文法の説明されてもよくわからない ⇒ Be動詞 と 一般動詞 の文章の区別がつかない そんな状況で一生懸命、詰め込み授業をして、【英語嫌い】を【英語アナフィラキシーショック】にしていませんか? そんな状況の子に対して、何ができるか? その答えの一つがこれです。 泊りがけ、逃げる環境のない中での、楽しみながらの【帰れまテン】 半分はノリでしたが、想像以上の効果がありました。 ※泊まりのため、男子だけの参加として、結果≪男塾≫という名前になりました。 学ぶの原点は〇○であり、○○により ・塾にさぼりがちの子がさぼらなくなった ・言われてもやらない子が自分から勉強しだした ・いつまでも塾に残り家に帰らない ちょっとできすぎの感もあ

海外(欧米)では、高学歴が簡単に手に入る!?・・・

以前、海外に住んでいた時に現地に多くの外国人の友達ができました。 いまだに彼らにいろいろと聞くんですが・・・ 彼らから逆にいろいろと聞かれ、それで気づかされることが多いです。 日本では1日に5時間、週5日で25時間、公立の学校で勉強をします。公立なのでほぼ無料に近いです。 にも関わらず、なぜ、週に3~4時間プラスで勉強するだけの塾に日本人は安くないお金を払うんですか? まさに開業直前で聞かれたこの質問が私の塾の方向性をより強固にしたのかもしれません。 確かに欧米の人が思う上記の質問は的を射ています。 もしも、塾がそんなにすごいノウハウをもっているなら、そのノウハウを行政が吸収して、学校でやればいいわけですから。 ただ、これについての答えは、1:40の集団授業か、個別授業か、というところで大きくは解決するのではないかと思います。 でも、そもそもこれだけITが発達して来ている中で、学校の中で敢えて1:40でやる良さよりも非効率さが目についてきているような気すらします。 中3生の数%は、いまだアルファベットや掛け算が苦手、という恐ろしい現実もある中で、それが1:40の弊害であり、ひょっとしたら劣等感からの不登校やいじめにも発展している可能性すら考えます そして、次の質問 1:40の授業で差がついているんなら、それが本来の姿であり、その状況で学校を選び、就職先を選び、自分なりの幸せを見つけるのがいいのではないですか? これの問いについては考えたことすらありませんでした。 うーん、欧米(と、ひとくくりにしてよいのかは適切でないでしょうが)はどうしてる

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
コミュトレバナー.png
すらら一之江ダイレクトロゴ.png

 

教育と生き方の新しい

スタンダードを創造する

T・N・K LLC

 

T-hink (考えて)

N-ote (気付いて)

K‐nowledge (それだけが本当の力になるから)

Copyright ©

『T・N・K LLC』

All Rights Reserved.

    

 03-5879

-6535

      

平日

 15:00-17:30

 20:30-21:30

【問合せ】

江戸川区一之江

7-29-10

●一之江駅から徒歩5分

 

●今井街道沿い ドラッグストア パパス斜め前

 

●バス停:一之江4丁目と一之江5丁目の間

 

●一之江小学校すぐそば

 

●一之江郵便局目の前

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon