おめでとう!第一弾

関東第一高校!! 京華女子!! おめでとうございます!!! いろいろと考えた上での、志望校選択やそれに伴う葛藤は、 これからの人生において、大きな肥やしになると思っています。 そして、合格後は、毎年行なっているアフターフォローです。 今までの感謝の思いと、少なからずあるやり残しのために、3月は無料で対応しております。 高校に進学する目的を考えれば、この期間での学習こそ、やはり大事だと思っています。 次は都立推薦の結果待ちです。 都立推薦受験の内容は、これから生きていくのに、とても重要な ・作文 ・面接 ・集団討論 です。 これができれば、ステージの違いはあれども、人生で困ることが少なくなると思っています。 なので、セルモ一之江教室では、都立推薦対策に力を入れています。(無料) この時期5~6時間塾にいる子もいるので、その息抜きと考えれば、 一般受験などの負担にもならず、かえって効率やモチベーションをあげることができます。 しかし、推薦は、集団討論のグループのメンバーや、担当の面接官によっても評価がぶれやすい、 というのも事実です。 なので、これだけ推薦対策をしておきながら、 生徒たちには【実力で入ろう!】と言っております。 推薦が終わったその日に、推薦のことは忘れて、一般受験に向けて動くようにと厳しく言っています。 その結果、みんな結果が気になってしょうがないのにも関わらず、 推薦のことはまるで気にならない素振りで、既に一般受験の学習に焦点が当たっています。 この辺りの切り替え(見せかけでも)は、すごく大事だと思っています。 さて、結果は如何に! ひとまずは私立合格、おめでとう

中学受験について考えること

うちの姉はもともと、アンチ中学受験でしたが、そういう姉ですら、コミュニティの中でのやり取りを通して、小4の娘に対して、どうやら中学受験をせざるを得ないような流れになってきたようで、私に相談がありました。 私は中学受験自体は反対ではありませんが、本人の能力を無視した受験に反対です。 能力が高く、可能性が有る子にはできる限りチャレンジさせるべきと思います。また特定の環境を求めての受験もお子さんの可能性を広げる意味で大賛成です。 それをお子さんの能力や特性を見ずに、ただいい学校に行かせたい、というものについては基本的に反対です。 また、能力が高く、可能性が有る子は無理して進学校に行かず地元の中学に行っても、勝手に伸びる、ということでもあります。 ガリベンの詰め込みで入った中高一貫校の生徒が、高校時点で、地元の中学でフラフラ遊んでいた子にあっさり抜かれる、というのは結構あります。 私自身の大学時代、各県内トップ高出身という同級生が何人もいました。  彼らの友達は皆、東大、慶応、早稲田などに入ったとのことで、「俺もそいつらと同等レベルだった」という話を何十回も聞かされましたが、浪人してここにいるわけですから、それはそれで受け止めるべきだと思います。 最後まで、「お前らとは違う」という選民意識だけは強烈にありましたが、結局、卒業後、彼らの活躍の話を聞くことは全くない中、仲間うちでの連絡も疎遠になっていきました。 ああ、この選民意識は主には、中学受験でつけられたものだろうなあ、と感じます。 その意識がなければ、もっと人生は、おおらかで楽しいものになったのでは、と思ったりもします。 本

読書のもたらすもの

私は年に100冊を目標に本を読みます。 もちろんそれ以上の時もありますし、それ以下の時もあります。 漫画とか週刊誌はカウントしませんが、それはそれで結構良いものがあったりもしますので、それも好きです。 では、なぜ読むか? それは人生を豊かにしたいからだと思っています。 自ら考えること自体が、●幸せであり、●トレーニングであり、●人生そのものであるという側面もありますが、わざわざ考えなくていいものは先人の知恵を活用した方が効果的です。 ・学校の教科書なんて、その最たるものですね。 ピタゴラス(三平方)の定理を考えたピタゴラスはこれを導き出すのに、どれくらいの時間をかけたんでしょうか? 中3で習うのは、1時間で終わりますね。 学者であれば、それを考える続ける人生もまた一興ですが、私を含めた普通の人たちは、さっと先人の知恵から学び、別のこと(自分固有の問題)を考えるのが良いと思います。 考える以前に、読むことで視野が開けることも多いです。 ・小説などでは、人の心の機微を知ることができます。 どんなに幅広い経験を積んでも、感情は喜怒哀楽以外にもあり、それがぐちゃぐちゃに混ざったものや、そのバランスの違いで、大きく心の反応が変わると思います。 それを全部経験するのには、一生かかっても足りないかもしれませんが、本でそれを疑似体験することができます。 人生に直面する様々な問題について、その都度傷つき、立ち直るのに時間がかかることも大事ですが、本によって視野を広げられれば、より深く、建設的な解決に向かえることも多いのではないかと思うのです。 数年前、ある著名人の話で、「1年で100冊読まな

塞翁が馬

四捨五入すると50代に差し掛かりますが、過去を振り返ってみて、人生への影響として良かったこと、悪かったことを考える機会がありました。 【良い】 ・家庭環境が荒れていて良かった ⇒ 強く生きるマインドができた  こういう人もいる、こういうこともあるという前提は強みかと ・両親が無関心で良かった ⇒ 結局、最後は自分次第、自分でやるしかない、というマインドができた ・両親がケチで良かった ⇒ 欲と現実の中で、それを何とかしたいがために常に考える習慣がついた 自分でお金を貯めて行った留学も、目的意識が違った ・普通に勉強したら行けたであろう高い学歴でなくて良かった ⇒ 普通に勉強してそうなっていたら、人間的な未熟さを指摘されることがないまま偉くなり、鼻持ちならない人間になっていたと思う 泥水をすすりながら、のし上がったことが何よりも意味があった 良い部分をまとめましたが、客観的には悪いことばかりですね(笑) ただ、受け止め方次第でしょうが、すごく良い環境だったと本気で思います。 そんな環境を提供してくれた両親にはとても感謝しています。 生徒たちにもよく言っています。 何が良いか、何が悪いかは後になってみないと分からない。 だからやらない、ではなくて。 大事なのは、どんな状況であっても、【目の前のことに本気になって一生懸命やる】、ということ。 いつもそう思っています。 さあ、都立受験まで残り3週間ちょっと。 今日も本気でやりましょう!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
コミュトレバナー.png
すらら一之江ダイレクトロゴ.png

 

教育と生き方の新しい

スタンダードを創造する

T・N・K LLC

 

T-hink (考えて)

N-ote (気付いて)

K‐nowledge (それだけが本当の力になるから)

Copyright ©

『T・N・K LLC』

All Rights Reserved.

    

 03-5879

-6535

      

平日

 15:00-17:30

 20:30-21:30

【問合せ】

江戸川区一之江

7-29-10

●一之江駅から徒歩5分

 

●今井街道沿い ドラッグストア パパス斜め前

 

●バス停:一之江4丁目と一之江5丁目の間

 

●一之江小学校すぐそば

 

●一之江郵便局目の前

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon